3時間目

講師 下尾苑佳 先生
「ありのまま学」-悩みも短所も、自分の個性にしちゃおう-

  • 日時:12月16日(土)
  • 会場:旧唐津銀行

オンデマンド映像

講座レポート

3時間目の授業は旧唐津銀行で開講!江戸時代、佐賀と唐津は違う藩だったのはみんな知っていますよね?そんな記念すべき史上初の唐津開講にふさわしく、県内各地から熱意あふれる受講生たちが集まりました。講師は冬の寒さを吹き飛ばすほど、元気いっぱいな下尾苑佳さん。タレント事務所、株式会社ホリプロで活躍中の〝才能発掘プロデューサー〟です。

その肩書きどおり、下尾さんの特技は〝人の才能を発掘すること〟。今まで何千人も面接し、数々のアイドルやタレントを育ててきました。今回のテーマは「ありのまま学」。自分の個性を知って魅力に気づく、〝自分探し〟のワークショップに受講生たちも興味津々!

突然、会場にアップテンポな音楽が流れ、始まったワークショップ。「最初にみんなでカエルの歌を歌うよ!」と下尾さんの呼びかけに驚く受講生たち。実は緊張をほぐす為の準備運動。受講生たちの表情が緩むと、下尾さんはどんどん質問を投げかけていきます。「自分を色、花、動物に例えると?」「自分の好きなところ、嫌いなところは?」…。

質問に対して「3、2、1、ハイ!」のテンポで一斉に答えて行く受講生たち。深く考える時間も、周りを気にする時間もありません。その後、2つのグループに分かれ、なんときのことたけのこをモチーフにしたお菓子で、どちらが魅力的かをテーマにディベート!普段、気にかけていなかったことに真正面から向き合うことで、受講生たちの瞳の輝きが次第に増していきます。

驚きのワークショップの狙いは、〝気づくこと〟。「みなさんぐらいの年代は友達の意見に左右されがち。実は自分の個性に気付いていない人が多いんです。だから自分に質問をすることで好みも明らかになっていく。悩みも短所も個性そのもの。それがありのままの魅力の発見につながっていくんですよ」と下尾さん。お菓子のディベートも、「相手の意見を聞いた上で自分の立場に戻って考えると、より深い気付きがある」とアドバイス。

最初は戸惑いがちだった受講生たちも、ワークショップが終わる頃にはすっかり明るい顔に。唐津出身の陸上少女だった下尾さんですが、大学時代、ケガで辛かった時に他の部活を周り、他のスポーツをいろいろ体験したことが今につながっていると言います。「1人ひとりが個性的で輝いていて、彼らの魅力をもっと周りに伝えたいと思ったんです」とプロデューサーの道へ。講話、Q&A後は下尾さんたっての願いで、受講生と個別で懇親タイムも設けました。佐賀北高校2年生の大神千咲さんは「前よりも自分を好きになった。小さな短所も受け入れながら、良いところを追求していこうと思いました」とキラキラ笑顔!

最後に恒例となった佐賀(唐津)弁メッセージ。

「自分のことが嫌いになったり、周りが敵に見えたり…今、みんなはそんな時期かもしれん。苦しいことが胸の中にいっぱいあるかもしれんけど、絶対に支えてくれる人がおるけん、自分のことを嫌いならんで。自分を大切にして、今の自分にウソをつかんで生きていってほしいと思います。ありのままで、よかとよ」。
真剣に一つひとつ言葉を選んで語る下尾さんの姿に、受講生たちをはじめ会場にいるみんなが心を打たれた3時間目となりました!

 

3時間目告知動画

 

講師プロフィール

唐津生まれ、唐津育ち。長松小学校、唐津第一中学校、唐津東高校卒業後、慶應義塾大学商学部入学(體育會競走部)。卒業後、株式会社ホリプロに入社。伊集院光さん、西川史子先生ほか、10数人のマネージャーを務める。その傍ら、スターを発掘するべく、全国各地でオーディションの審査員をつとめ、ホリプロへの入社希望者を含めると、面接、審査した人数はいままで5,000人以上にのぼる。2児を出産、育児休暇後、WEB戦略部に所属し、WEBまわりの仕掛け、リアルイベントの開催などを手がける。「ホリプロ保育園」「ホリプロキッズ」というファミリープロジェクトを立ち上げ、人気急上昇中のアイドルわちみなみさんを発掘した。

 

Copyright © 2017 Saga Prefecture. All Rights Reserved.