特別講座3

「未知の世界、宇宙学」

-宇宙って、どんなところ? 地球って、どんなところ?-

松尾尚子 先生
(宇宙航空研究開発機構 JAXA)

 

昨年、大人気だった、小学生向け特別講座。今年の夏も行います!

先生は、松尾尚子さん。JAXA(宇宙航空研究開発機構)というところで、宇宙ステーションや人工衛星のお仕事をされている宇宙のプロ。基山町の東明館中学校・高校ご出身の、リケジョ(理系女子)です。

先生は小学生の頃から宇宙が大好き。「宇宙は無から生まれた」とNHKの番組で見て、無から生まれたってなんで!?と思ってから、宇宙のとりこに。
ハレー彗星が地球に近づいた小学生の時のクリスマスプレゼントは天体望遠鏡、好きな本は図鑑と科学雑誌NEWTONで、男子から面白いの?と言われていたそう。その頃から宇宙の仕事がしたくて、本当にいま、宇宙のお仕事をされています。

先生が教えてくれるのは、宇宙がどんなところなのか、そして私たちが住む地球がどんなところなのか。無重力や真空(空気がないこと)を、マシュマロなど、身近なものを使った、おもしろい実験で教えてくれます。そして、もちろん、普段はなかなか見られない、宇宙の写真や映像もあります。

宇宙が大好きなキミも、夏休みの自由研究どうしようかなあと思っていたあなたも。佐賀の大先輩の授業で、宇宙のことを一緒にまなびましょう!小学生のみんな、待っています!

開催日時・場所

開催日/2019年8月10日(土)
時間/14:00-16:00
場所/鳥栖市民文化会館小ホール(鳥栖市宿町807番地17)

講座当日のスケジュール(予定)

14:00-15:30/松尾さんのお話・実験(休けいあり)
15:30-16:00/松尾さんへの質問

※スケジュールは変更する場合があります。

 

 

講師プロフィール

松尾尚子

1977年生まれ。東京理科大学、東京大学大学院理学系地球惑星科学専攻を卒業した後、2002年宇宙開発事業団(JAXA前身)に入社。国際宇宙ステーション(ISS)での実験や宇宙飛行士の広報に携わり、若田宇宙飛行士、野口宇宙飛行士、古川宇宙飛行士のISSでの初めての長期滞在を支えた。現在は、新しい衛星のミッションに取り組んでいる。